メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

軋む英国

EU離脱国民投票/3 大学助成金に影響

軋(きし)む英国

 「我々は欧州連合(EU)の中で満足すべき位置にいる。なぜ変える必要があるのか、わからない」。学期末で閑散としたキャンパスで、英オックスフォード大のアーサー・ストックウィン教授(80)が語った。

 歴代首相やノーベル賞学者を多数輩出し、世界ランキングで常に五指に入る名門大はEU残留支持を打ち出している。

 世界から9000人を超える留学生が集まり、中でもEU出身は3422人。EUの支援制度により学費は他…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1182文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです