メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『渡辺京二』=三浦小太郎・著

 (言視舎・4104円)

氷の結晶中で身を震わせる「近代」「市民」

 我々は渡辺京二という思想家をずっと見落としてきた。

 『逝きし世の面影』によってようやくこの人を発見したのはいいが、読み誤って、江戸時代を偲(しの)ぶ懐旧主義者と見なしてしまった。

 本書は、彼の著書を丁寧に読むことを通じてその思想の形成過程を辿(たど)る優れた評伝である。

 渡辺京二は一九三〇年に「活動弁士の父とハイカラ女性の子供として」京都に生まれた。満州に渡り、敗戦後…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1484文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 「強そうで憧れる」 球児のユニホームは「細身」志向 流行から必須条件に
  4. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  5. 米子東の選手がベンチ入りせず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです