メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『日本会議の研究』=菅野完・著

 (扶桑社新書・864円)

安倍政権支える草の根の改憲集団

 安倍政権の陰にちらつく「日本会議」。名前だけでよく知らないな。宗教団体の集まりで神社本庁が主役じゃないの? いえいえ、「生長の家」人脈が仕切っているんです。菅野完(すがのたもつ)氏が丸一年かけ丹念に資料を発掘、初めて明らかにした事実だ。

 日本会議は一九九七年設立。前身は「日本を守る会」と「日本を守る国民会議」(当初「元号法制化国民会議」)だ。この二団体は四○年前、地方議会に意見書を提出するなど活発に活動、元号法制化に成功した。だが靖国神社国家護持法制定運動では宗教団体の足並みが乱れ失敗。その反省から結成したのが日本会議だ。国柱会、霊友会、佛所護念会教団、崇教真光、神社本庁、天台宗、黒住教など、新旧の宗派や団体の寄り合い所帯だ。

 著者の嗅覚が鋭いのはここからだ。日本を守る会に参加していた生長の家が、日本会議で抜けている。生長の…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1485文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです