メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マダニ感染症

有効か、インフル治療薬投与へ 約30の医療機関、臨床研究に着手

 マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」患者に、インフルエンザ治療薬アビガン(一般名ファビピラビル)を投与する臨床研究に、国立感染症研究所や愛媛大など約30の医療機関が今月着手する。4人に1人が死亡するSFTSには治療薬がまだなく、アビガンの安全性や有効性を確かめる。

 SFTSは、感染すると発熱や下血などの…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文408文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. 「残念に思うと申し上げた」河野氏、韓国外務省コメント「抗議せず」に反論
  5. トランプ米大統領 非常事態宣言 共和苦境 「無効化」決議に複数同調か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです