メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

サラエボ出身のシンガー・ソングライター ヤドランカ・ストヤコビッチさん=5月3日死去・65歳

自由な感覚で音楽を ヤドランカ・ストヤコビッチさん=筋萎縮性側索硬化症による呼吸困難のため、5月3日死去・65歳

 おおらかで澄んだ歌声。人なつっこい笑顔。緑色の瞳が悲しみで染まったのは、旧ユーゴスラビア時代に故郷、サラエボで行われた冬季五輪(1984年)での思い出を尋ねたときだ。「民族が交ざり合うサラエボの街はいつにも増してにぎやか。明け方まで音楽が響いていた」。競技場の特設ステージで五輪のテーマ曲を歌ったのはヤドランカさんその人。祖国分裂の足音も聞こえていなかった。

 14年後の長野五輪の開会式。スタンドから新国旗を掲げたボスニア・ヘルツェゴビナの選手団を感無量の思…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文765文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]