メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

サラエボ出身のシンガー・ソングライター ヤドランカ・ストヤコビッチさん=5月3日死去・65歳

自由な感覚で音楽を ヤドランカ・ストヤコビッチさん=筋萎縮性側索硬化症による呼吸困難のため、5月3日死去・65歳

 おおらかで澄んだ歌声。人なつっこい笑顔。緑色の瞳が悲しみで染まったのは、旧ユーゴスラビア時代に故郷、サラエボで行われた冬季五輪(1984年)での思い出を尋ねたときだ。「民族が交ざり合うサラエボの街はいつにも増してにぎやか。明け方まで音楽が響いていた」。競技場の特設ステージで五輪のテーマ曲を歌ったのはヤドランカさんその人。祖国分裂の足音も聞こえていなかった。

 14年後の長野五輪の開会式。スタンドから新国旗を掲げたボスニア・ヘルツェゴビナの選手団を感無量の思…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです