メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

軋む英国

EU離脱国民投票/4 他国の船に魚奪われ

漁から港に戻ったスティーブン・パーカーさん。EUの規制で一定の漁獲量しか許されていない=英南西部ブリックハムで2016年6月14日、三木幸治撮影

軋(きし)む英国

 英南西部にある人口1万7000人の小さな港町、ブリックハム。夕方を過ぎると、続々と漁船が港に戻ってきた。多くの船が「LEAVE(離脱)」の旗を掲げている。「もうまっぴらだ」。漁師歴33年のスティーブン・パーカーさん(55)は言う。「この30年、EUのせいで英国の海に他国の船が押し寄せ、魚が奪われてきた。国民投票は生き残るためのラストチャンスだ」と力を込める。

 英国は1973年、EUの前身である欧州共同体(EC)に加盟した。当初は加盟に否定的だったが、EC加…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1119文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]