メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高浜原発

1、2号機の運転延長を認可 規制委

関西電力高浜原発(手前左から)1号機と2号機。奥は(左から)3号機と4号機=福井県高浜町で2016年6月15日午後3時44分、本社ヘリから梅田麻衣子撮影

 原子力規制委員会は20日の定例会で、運転開始から40年が経過した関西電力高浜原発1、2号機(福井県)について、最長20年にわたって運転期間の延長を認可した。

     東京電力福島第1原発事故後、原発の運転期間は1回に限り、最長20年延長できるようになったが、認可されるのは2基が初めて。関電は原子炉建屋の改修工事などを終えたうえで、2019年10月以降の運転再開を目指している。

     高浜1号機の運転開始は1974年11月、2号機は75年11月で、それぞれ41年7カ月、40年7カ月経過している。関電は、76年12月に運転を開始した美浜3号機(福井県)についても規制委に運転延長を申請している。【酒造唯】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 傷害致死 疑いで男2人逮捕 職場同僚の体内に空気注入
    2. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    3. 東山動植物園 雄のコアラ死ぬ…9日に続き 雄は1頭に
    4. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割
    5. 火災 住宅全焼、焼け跡から2遺体 不明の夫婦か 群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]