メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1、2号機の運転延長を認可 規制委

関西電力高浜原発(手前左から)1号機と2号機。奥は(左から)3号機と4号機=福井県高浜町で2016年6月15日午後3時44分、本社ヘリから梅田麻衣子撮影

 原子力規制委員会は20日の定例会で、運転開始から40年が経過した関西電力高浜原発1、2号機(福井県)について、最長20年にわたって運転期間の延長を認可した。

     東京電力福島第1原発事故後、原発の運転期間は1回に限り、最長20年延長できるようになったが、認可されるのは2基が初めて。関電は原子炉建屋の改修工事などを終えたうえで、2019年10月以降の運転再開を目指している。

     高浜1号機の運転開始は1974年11月、2号機は75年11月で、それぞれ41年7カ月、40年7カ月経過している。関電は、76年12月に運転を開始した美浜3号機(福井県)についても規制委に運転延長を申請している。【酒造唯】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
    2. ゾウガメ 脱走 55キロ、おとなしいが… 岡山の動物園
    3. 東大院生 34歳「スリルと背徳感」女子高生の頭にバッグ
    4. キョン 房総で大繁殖 観光施設脱走、14年で50倍 5万頭、農業被害拡大
    5. トランプ大統領 人はねられる絵を転載、数分後に削除

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]