メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「聖戦」悪用、怒り発散か 容疑者の元同僚が証言

ダニエル・ギルロイ氏

 【オーランド(米フロリダ州)で國枝すみれ】オマル・マティーン容疑者が勤務していた警備会社の元同僚、ダニエル・ギルロイ氏(44)が毎日新聞のインタビューに応じ、容疑者について「(社会の)すべてに怒っていた」と語った。ギルロイ氏は「彼は社会や文化、幸せそうな人が嫌いだった。ジハード(聖戦)としてなら自分の殺人行為を正当化できると考えたのだろう」と話し、事件はイスラム過激思想を悪用した「怒りの発散」との見方を示した。

 地元警察で捜査部門を中心に8年間働いた経験があるというギルロイ氏は、2015年3月まで1年2カ月間、同州南部ポート・セントルーシーの高級住宅地で勤務。同じ場所にいた容疑者について「憎しみの対象は同性愛者だけでなかった」と話した。黒人を(差別用語の)ニグロと呼び「やつらを全員殺したい」と言ったという。

 以前、黒人が殺された乱射事件の報道を見て「俺がやったら、最高記録を作るのに」と話したこともあった。女性、ヒスパニック(中南米系住民)、ユダヤ人にも侮蔑的な表現を使ったという。

 ギルロイ氏によると容疑者は「偏見が強く、感情の揺れが激しく、怒りを制御できなかった」。こうした経緯から、事件を知っても「驚かなかった」と語った。

 「友達だと思っていたのに。裏切ったな」。ギルロイ氏の友人の黒人に関し侮蔑的な発言をしたことなどからいさかいになると、一日何通もメッセージが送られてきた。恐ろしくなって会社に配転要求したが聞き入れられず、辞職したという。

 容疑者の怒りの原因について、ギルロイ氏は(1)過去に強い挫折感を味わった(2)自身の同性愛的傾向を無理に否定した−−などの可能性を指摘した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新国立 現場監督、過労自殺か 残業月200時間近く
  2. 京都府警 事件逮捕の男性妻と関係 巡査部長が本部長訓戒
  3. クローズアップ2017 PKO日報 稲田氏疑惑、政権苦境に
  4. 首相発言 「こんな人たち」民心離れ 支持率低下の決定打
  5. 松山空港 「みかん蛇口」お目見え 旬のかんきつ類使い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]