メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

救急ワークステーション

救命率向上狙い 津市がきょうから運用 /三重

 津市は21日から、救急車と救急隊員3人を三重大医学部付属病院救命救急センターに派遣し、救急ワークステーション(救急WS)として運用する。救急車が現場に到着するまでの時間短縮や、医師の同乗による救命率の向上などが狙いだ。

 救急WSの運用は毎週火・水曜日の午前9時〜午後6時で、市内の救急救命士58人が…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ
  5. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]