メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自誤射

「経験不足」実弾気づけず…「発注ミス原因」

訓練中の誤射について、再発防止策などについて説明する北部方面総監部広報室の岡欣司報道班長=札幌市中央区の陸上自衛隊札幌駐屯地で2016年6月20日午後3時10分、手塚耕一郎撮影

空包訓練で実弾

 北海道鹿追町の陸上自衛隊然別(しかりべつ)演習場であった誤射事故で、陸自は20日、「弾薬調達の担当者がパソコンシステムで入力を誤り、実弾を請求したことが主な原因」などとする調査結果を公表した。弾を受け取った時の確認不足や隊員の経験不足も重なり「ミスを防げなかった」としている。

 北部方面輸送隊所属の第310輸送中隊は5月23日午後3時半ごろ、物資輸送で移動中に敵襲を受けて応戦する場面を想定して訓練を実施した。空包を使用する予定だったが、実弾が使用され、隊員9人が実弾計79発を発射した。相手に狙いを定めて撃つのではなく、動きをけん制する射撃だったため、弾は当たらなかったという。空包用の銃口補助器具が実弾発射によって破損し、破片が当たったとみられる隊員2人が軽傷を負った。

 札幌市の陸自札幌駐屯地で記者会見した北部方面総監部広報室の岡欣司報道班長などによると、輸送隊の40…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1092文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです