メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(84)内戦下のリゾート開発計画

シリア北西部ラタキア県の沿岸から望む地中海=2016年4月18日、秋山信一撮影

 シリア唯一の有人島として知られる地中海のアルワード島。4000年以上の歴史を持つ島は、5年以上に及ぶ内戦下で、戦火とは無縁だった。しかし、観光省が5月、突然、島のリゾート開発計画を打ち出したことから、論争の渦に巻き込まれた。

 アルワード島は西部タルトスから約2.5キロ沖合にあり、約1万人が暮らす小さな島だ。紀元前2000年以前から古代フェニキア人が交易拠点として植民したことで知られ、十字軍の活動拠点だった時代もある。古代の遺構は今日まで残っており、観光客を呼び込む魅力の一つとなっている。

 島の観光開発は2011年に内戦が始まる以前から計画されていたが、内戦の影響もあって具体化しなかった…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです