メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(84)内戦下のリゾート開発計画

シリア北西部ラタキア県の沿岸から望む地中海=2016年4月18日、秋山信一撮影

 シリア唯一の有人島として知られる地中海のアルワード島。4000年以上の歴史を持つ島は、5年以上に及ぶ内戦下で、戦火とは無縁だった。しかし、観光省が5月、突然、島のリゾート開発計画を打ち出したことから、論争の渦に巻き込まれた。

 アルワード島は西部タルトスから約2.5キロ沖合にあり、約1万人が暮らす小さな島だ。紀元前2000年以前から古代フェニキア人が交易拠点として植民したことで知られ、十字軍の活動拠点だった時代もある。古代の遺構は今日まで残っており、観光客を呼び込む魅力の一つとなっている。

 島の観光開発は2011年に内戦が始まる以前から計画されていたが、内戦の影響もあって具体化しなかった…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです