メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『漂流の島 江戸時代の鳥島漂流民たちを追う』高橋大輔・著

江戸時代、絶海の孤島のなかで命をつないだ男たちがいた

◆『漂流の島 江戸時代の鳥島漂流民たちを追う』高橋大輔・著(草思社/税抜き1800円)

 探検家、高橋大輔の新作をずっと待ってきた。

 2005年、アメリカのナショナル・ジオグラフィック協会の支援を受け、ロビンソン・クルーソーのモデルになった船乗り、A・セルカークの住居跡を発見して世界的な注目を集めた。彼の血を新たに滾(たぎ)らせるのは何だろうと思うと湧き立ち、同時に、果たしてこの現代に本来の探検の可能性は残されているのか、一抹の不安がよぎるのも事実だった。

 しかし、本作『漂流の島』の衝撃と興奮はどうだ。綿密な調査によって明るみにされる、江戸時代の漂流民た…

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです