メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

コクーン歌舞伎「四谷怪談」 人間の愛憎に焦点=評・小玉祥子

 鶴屋南北作「四谷怪談」(串田和美演出・美術)の通し上演。

 邦楽器を用いず、トランペットなどの洋楽器と弦楽器の演奏で、一部のセリフを字幕で処理し、速いテンポで進む。怪談劇として知られる作品の怪異よりも人間の愛憎に焦点をあて、時空を超え、死者と生者が同一平面に存在するなど絵巻物を思わせる舞台構成だ。

 見応えがあるのが「深川三角屋敷」。お岩(扇雀)の妹お袖(七之助)は、塩冶(えんや)浪人佐藤与茂七(扇雀)の女房だが、夫が殺されたと思い込み、敵を討ってもらうために直…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 福岡市 ロープウエー構想 博多港WF→博多駅→須崎公園
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです