メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
つなぐ

/10 メール相談に年間1000件も 本願寺派僧侶ら設立、自死・自殺相談センター /香川

自殺問題への取り組みについて話す竹本さん=京都市内で、玉木達也撮影

 自殺を巡る相談がメールで年間延べ1000件近くも届くNPO法人がある。「京都自死・自殺相談センターSotto」(京都市)だ。浄土真宗本願寺派の僧侶や会社員らが2010年5月、設立した。

 センターの代表を務める、僧侶の竹本了悟さん(38)が活動内容について説明した。電話に比べ、若者らが気楽に思いを伝えやすいようにと、メール相談は12年秋ごろから始めた。相談内容などから年齢が分かった人のうち、約4割が10代、20代の若者という。

 メールは電話よりも相手の反応が分かりにくい上、真意を誤解されないように文章を書くという難しさがある…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. 「同和地区の場所」ネット明示で削除要請 法務省が対応強化
  4. 羽生、入念の4回転 首位チェンは全て着氷 フリーへ最終調整
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです