メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/10 メール相談に年間1000件も 本願寺派僧侶ら設立、自死・自殺相談センター /香川

自殺問題への取り組みについて話す竹本さん=京都市内で、玉木達也撮影

 自殺を巡る相談がメールで年間延べ1000件近くも届くNPO法人がある。「京都自死・自殺相談センターSotto」(京都市)だ。浄土真宗本願寺派の僧侶や会社員らが2010年5月、設立した。

 センターの代表を務める、僧侶の竹本了悟さん(38)が活動内容について説明した。電話に比べ、若者らが気楽に思いを伝えやすいようにと、メール相談は12年秋ごろから始めた。相談内容などから年齢が分かった人のうち、約4割が10代、20代の若者という。

 メールは電話よりも相手の反応が分かりにくい上、真意を誤解されないように文章を書くという難しさがある…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです