メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 日本のサンゴ礁 保全急務 東京工業大教授(水圏環境学)・灘岡和夫さん

 サンゴを守るためには地球温暖化対策が欠かせませんが、効果が出るまでに時間がかかります。そのため、赤土の流出対策などの地域での取り組みが重要です。沖縄県の石垣島や西表島では、サンゴという貴重な資源を失わずに、農業や観光を軸とする地域社会を持続していくためには何が必要かという議論が始まっています。私も…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]