メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙なるほドリ

Q 不在者投票のやり方を教えてください

「投票できるんですよ!」。大阪府吹田市の新有権者には市選管から「案内状」が送られた=川平愛撮影

A まず、住民票のある市区町村に投票用紙を請求しましょう。市区町村のホームページから請求書の書式をダウンロードできる場合が多いです。その請求書に記入し、その市区町村の選挙管理委員会に郵送すると、投票用紙などの入った書類一式が送られてきます。

     届いた書類は開封せず、最寄りの選挙管理委員会に持参し、投票を行ってください。不在者投票ができるのは、公示日の翌日から投票日の前日までです。

     参院選の場合、選挙区が主に都道府県単位の「選挙区選挙」では、住民票のある選挙区の候補者から選ぶことになります。

     投票ずみの投票用紙は、最寄りの選管から住民票のある選管へ郵送されます。開票日までに住民票のある選管に届かないと無効になるので、早めに手続きを進めましょう。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
    2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
    3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    4. 寝屋川中1殺害、山田被告に死刑判決 大阪地裁
    5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです