メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

楽譜と文字、溶け合い 知的障害者施設利用者の西岡さんが大阪で来月4日から /大阪

西岡弘治さんの作品。文字や音符が溶け合い、どこか安らぎを覚える=コーナス提供

 知的障害者の介護施設「コーナス」(大阪市阿倍野区)の利用者で画家の西岡弘治さん(45)による個展「ゆらぐ」が7月4日、大阪市北区東天満1の喫茶ギャラリー「閑花」で始まる。楽譜や文字が溶け合うような絵画作品で、国内外で評価を集めている。30日まで。

 西岡さんは2005年に創作を始め、幼少期から興味を抱いていた文字や記号に、楽譜を組み合わせた作品を制作。おおら…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]