メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

楽譜と文字、溶け合い 知的障害者施設利用者の西岡さんが大阪で来月4日から /大阪

西岡弘治さんの作品。文字や音符が溶け合い、どこか安らぎを覚える=コーナス提供

 知的障害者の介護施設「コーナス」(大阪市阿倍野区)の利用者で画家の西岡弘治さん(45)による個展「ゆらぐ」が7月4日、大阪市北区東天満1の喫茶ギャラリー「閑花」で始まる。楽譜や文字が溶け合うような絵画作品で、国内外で評価を集めている。30日まで。

 西岡さんは2005年に創作を始め、幼少期から興味を抱いていた文字や記号に、楽譜を組み合わせた作品を制作。おおら…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです