メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米ビジネス賞

蛍光灯の光を「再利用」、「発電ランプ」に 姫路の会社が開発 省エネのアイデア、技術を評価 /兵庫

スティービー賞の「アジア・パシフィック賞」のトロフィーを手にする日本エナジー研究所の堀田繁美社長(左)と廣澤勝常務=兵庫県姫路市の姫路商工会議所で、藤田宰司撮影

 省エネ機器を製造販売する「日本エナジー研究所」(姫路市豊富町)が、ビジネス上の優れた業績をたたえる米国のスティービー賞の「アジア・パシフィック賞」を受賞した。

 スティービー賞は、米企業などでつくる団体によるビジネス部門の表彰制度。アメリカン・ビジネス賞、国際賞、女性賞、人事賞など7部門があり、優れた製品や革新的な企業活動などをたたえる。アジア太平洋地域を対象とするアジア・パシフィック賞は今年、600件以上の応募があった。

 今回の受賞は、室内照明の光で発電し、夜間は防犯灯、停電や災害時には非常灯として使う新製品「エコ・フ…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文608文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ひき逃げ容疑 31歳男逮捕 男性をはね死亡させる 福岡
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 東京 狛江セクハラ疑惑で組合「加害者は市長、複数相談」
  4. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」
  5. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]