メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

蛇笏と迢空の全て=酒井佐忠

 蛇笏賞・迢空賞が第50回を迎えた今年、画期的な文庫版の『飯田蛇笏全句集』(角川ソフィア文庫)と『釈迢空全歌集』(同・岡野弘彦編)が同時に刊行された。文庫とはいえ、いずれも700ページ前後の重厚な2冊。繁忙の現在に忘れられがちな蛇笏と迢空が近現代の日本の詩歌に残した渾身(こんしん)の作品群と作家像に触れることができるのは、貴重なことだと思う。

 飯田蛇笏は、自然の景を眼前に徹底して思索を深めた。<芋の露連山影を正(ただし)うす><くろがねの秋…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです