メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城県教委

講演教諭に事前面談…「やり過ぎ」識者批判

 宮城県で5月、市民団体が予定した集会に講演で招かれた高校教諭に対し、県教委が政治的中立の確認のためとして、異例の事前面談をして講演の概要を聞き取っていたことが分かった。文部科学省は公立学校教員の政治的中立を徹底するよう都道府県教委に通知しているが、宮城県教委による事前面談に対し、教員や識者から「やり過ぎでは」と疑問視する声も出ている。

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1433文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです