メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城県教委

講演教諭に事前面談…「やり過ぎ」識者批判

 宮城県で5月、市民団体が予定した集会に講演で招かれた高校教諭に対し、県教委が政治的中立の確認のためとして、異例の事前面談をして講演の概要を聞き取っていたことが分かった。文部科学省は公立学校教員の政治的中立を徹底するよう都道府県教委に通知しているが、宮城県教委による事前面談に対し、教員や識者から「やり過ぎでは」と疑問視する声も出ている。

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです