メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城県教委

講演教諭に事前面談…「やり過ぎ」識者批判

 宮城県で5月、市民団体が予定した集会に講演で招かれた高校教諭に対し、県教委が政治的中立の確認のためとして、異例の事前面談をして講演の概要を聞き取っていたことが分かった。文部科学省は公立学校教員の政治的中立を徹底するよう都道府県教委に通知しているが、宮城県教委による事前面談に対し、教員や識者から「やり過ぎでは」と疑問視する声も出ている。

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  2. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです