メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

「名古屋めし」ごっつあんです…7月10日初日

JR名古屋駅に到着した力士たち=名古屋市中村区で2016年6月26日午後3時18分、竹内幹撮影

 7月10日に初日を迎える大相撲名古屋場所(愛知県体育館)を前に、力士ら約200人が26日、新幹線で一斉に名古屋入りした。

 午後3時過ぎ、色とりどりの浴衣を身にまとった力士たちがJR名古屋駅に降り立つと、びん付け油の甘い香りがホームに漂い、居合わせた旅行客らが「頑張れ」などと盛んに声援を送った。

 新十両の大輝(23)は「出稽古(げいこ)で関取衆としっかりとやって場所に臨みたい。『名古屋めし』も、とても楽しみ」と笑顔を見せた。

 今場所、大関・稀勢の里(29)は初優勝と綱取りがかかり、横綱・白鵬(31)は通算1000勝まであと13勝に迫っている。新番付は27日に発表される。【倉岡一樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. ORICON NEWS 天才演じる石原さとみ「私は普通の人」 峯田和伸の“取説”に興味津々
  5. 沖縄慰霊の日 「辺野古移設、平和に逆行」翁長知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]