メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
確かな食べもの

辰巳芳子さんと生産者 梅干し 雑味がない自然の味わい 和歌山県田辺市・寒川善夫さん(52)

青梅を収穫する(左から)寒川善夫さん、母の賀代さん、父の殖夫さん=和歌山県田辺市龍神村で

 丸だるのふたを開けると梅とシソの香りが上りたつ。しっかりした果肉には少し斑点が残っているが、口に含むと雑味が一切なく、梅本来の酸味が広がる。昔ながらの自然な梅干しに出合うことができた。

 高野山と熊野古道の間の山深い地に「龍神自然食品センター」(和歌山県田辺市龍神村)がある。40年以上にわたり農薬、化学肥料を一切使わず、加工の際も化学処理をしない梅干しを作り続けている。

 2代目の寒川(そうかわ)善夫さん(52)は「昔、祖母が漬けていたものと同じように梅干しを作ることが…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1242文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]