メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

確かな食べもの

辰巳芳子さんと生産者 梅干し 雑味がない自然の味わい 和歌山県田辺市・寒川善夫さん(52)

青梅を収穫する(左から)寒川善夫さん、母の賀代さん、父の殖夫さん=和歌山県田辺市龍神村で

 丸だるのふたを開けると梅とシソの香りが上りたつ。しっかりした果肉には少し斑点が残っているが、口に含むと雑味が一切なく、梅本来の酸味が広がる。昔ながらの自然な梅干しに出合うことができた。

 高野山と熊野古道の間の山深い地に「龍神自然食品センター」(和歌山県田辺市龍神村)がある。40年以上にわたり農薬、化学肥料を一切使わず、加工の際も化学処理をしない梅干しを作り続けている。

 2代目の寒川(そうかわ)善夫さん(52)は「昔、祖母が漬けていたものと同じように梅干しを作ることが…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1242文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです