メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視神経細胞

iPSとESから作製 マウスで初成功 緑内障など治療期待 国立成育医療研など

 マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)とES細胞(胚性幹細胞)から視神経細胞を作製することに世界で初めて成功したと、国立成育医療研究センター(東京都)と埼玉医科大の研究チームが27日、発表した。失明の恐れがある緑内障など視神経の病気で、視覚を回復させる治療法開発につながるという。

 チームは、マウスの皮膚細胞から作ったiPS細胞を特殊な液で培養し、視覚情報を電気信号として伝えるための数センチの「神経線維」を持つ視神経細…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  5. フィギュアスケート プリンスアイスワールド開幕 氷上の舞、湖国魅了 10年ぶりの公演 五輪の感動再び 大津 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]