メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪刑務所支所

受刑者にもエアコン 昨年1人死亡受け

新しく共同室にエアコンが設置された大阪刑務所丸の内拘置支所=高橋祐貴撮影

 大阪刑務所丸の内拘置支所(和歌山市広瀬中ノ丁2)を所管する大阪刑務所は、夏の猛暑対策として、同支所の収容者約4人が入る共同室用にエアコン3台を取り付けた。同支所では昨年7月31日〜8月1日、収容者3人が熱中症とみられる症状で搬送され、1人が死亡しており、熱中症対策が急務となっていた。

 丸の内拘置支所にはこれまで冷暖房施設がなく、室外に扇風機を置き、収容者にはうちわを貸与していた。しかし、収容者は行動が制限されているため、熱中症が発生しやすい環境にあるとされていた。

 大阪刑務所によると、丸の内拘置支所の共同室のうち3室にエアコンを設置。暑さで体調を崩しそうな他の収…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文597文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]