メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バラエティーで行き過ぎた演出 出演者に謝罪

 TBSは19日に放送したバラエティー番組「ピラミッド・ダービー」で「行き過ぎた演出があった」として、出演者に謝罪していたことが27日、分かった。番組の公式ホームページなどで謝罪することを検討している。

 問題があったのは、映像を見て双子が入れ替わったかどうかを当てるクイズ対決の部分。TBSによると、収録では全4問に計4人の解答者が参加した。しかし、その後の編集で、4人のうち「顔相鑑定士」として出演した池袋絵意知(えいち)さんが3問目で脱落したことにして、4問目では姿を消した映像を流したという。

 TBS広報部は「演出の一環のつもりだったが、出演者への説明や了解を得ることなく、画像を加工し、脱落として姿を消すなど行き過ぎた演出があった」と説明している。【須藤唯哉】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 夫人付の職員 不自然なファクス送信
  2. 自民・石破氏 「首相夫人がきちんと真実を述べる場を」
  3. 森友問題 大阪府議会が百条委設置否決 維新・公明が反対
  4. 行方不明 拉致と思われた女性国内で発見 1980年失踪 /新潟
  5. 森友学園 時折笑みを見せ…「籠池ショー」 ウソは誰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]