メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勤務中の排便の自由、回復 福井・若狭

若狭町給食センター=高橋一隆撮影

 集団食中毒の発生を受けて福井県若狭町が町給食センターの調理員に勤務時間中の排便をマニュアルで禁じた問題で、町は27日までに、排便に関する項目を削除する方針を固めた。

 町は、5月に学校給食が原因でノロウイルスによる食中毒が小中学校で発生したのを受け、衛生管理マニュアルを改定。昼食時間なども含めて勤務中(午前7時半〜午後4時45分)の調理員の排便を禁止した。しかし、報道を受けてインターネットなどで批判の声が高まったため再改定。排便については「調理作業中に排便しなくて済むよう心がける」とし、便をした場合は責任者に報告するよう改めて今月15日に業務を再開した。

 しかし、再改定したマニュアルについても「生理現象を制約するのはおかしい」「報告義務を課すなど、働く人の権利をどう考えているのか」などの批判が寄せられていた。町は「人権問題になる恐れがあり、公共施設のマニュアルにふさわしくない」などとし、報告義務を含めた排便に関する項目の全廃を決めた。28日に県と協議し、正式にマニュアルから削除する方針。【高橋一隆】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道タイヤ事故 教師の夢絶たれ 岡山大の同級生悲痛
  2. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し
  3. 万引き容疑男 警官の拳銃奪い2発発砲 福岡・大野城
  4. 女の気持ち 犬を飼うこと 川崎市中原区・馬場真枝(主婦・47歳)
  5. 大相撲 二所ノ関親方 サウナで倒れていた、ICU治療…依然意識なし(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]