メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山空襲

生き延びた200冊 「図書館守れ」と“疎開” 岡山で展示 /岡山

戦時中の疎開によって生き残った図書=岡山市北区二日市町の岡山市立中央図書館で、林田奈々撮影

 1945年の岡山空襲から71年となる29日から、戦時中の“疎開”で今に生き延びた貴重な図書が、岡山市立中央図書館(北区二日市町)で展示される。前身の岡山市立図書館の当時の館長、故吉岡三平さんが空襲前に図書館から運び出し、難を逃れたものだ。企画した中央図書館の飯島章仁・学芸副専門監は「空襲の中、偶然残ったのではなく、人が受け継いで今に伝わったということを感じてほしい」と話す。

 県内の図書館について記した「岡山の図書館」(日本文教出版刊)によると、地方都市でも空襲が激しくなっ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです