メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/11 「自殺は追いつめられた末の死」 自死遺族のために心の居場所づくり /香川

自殺問題に関心を持つきっかけを話す竹本了悟さん=京都市内で、玉木達也撮影

 「今は非常に厳しい時代だと思う」。自殺問題に取り組むNPO法人「京都自死・自殺相談センターSotto」(京都市)代表、竹本了悟さん(38)は続けて理由をこう説明した。

 「競争社会の中で競争に勝ち残れば豊かになれると思って過ごしてきた、上の世代と、これからはそういうわけにはいかないと考えている若い世代。このギャップは大きく、そのことで苦しんでいる人は多い」

 こういう悩みを抱えている人や自死遺族のためにしているのが「心の居場所づくり」。センターは「居心地が…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文709文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]