メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/11 「自殺は追いつめられた末の死」 自死遺族のために心の居場所づくり /香川

自殺問題に関心を持つきっかけを話す竹本了悟さん=京都市内で、玉木達也撮影

 「今は非常に厳しい時代だと思う」。自殺問題に取り組むNPO法人「京都自死・自殺相談センターSotto」(京都市)代表、竹本了悟さん(38)は続けて理由をこう説明した。

 「競争社会の中で競争に勝ち残れば豊かになれると思って過ごしてきた、上の世代と、これからはそういうわけにはいかないと考えている若い世代。このギャップは大きく、そのことで苦しんでいる人は多い」

 こういう悩みを抱えている人や自死遺族のためにしているのが「心の居場所づくり」。センターは「居心地が…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです