メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ法王

アルメニア人「虐殺」発言 「十字軍精神」トルコ副首相が批判

 【ローマ福島良典】フランシスコ・ローマ法王が第一次世界大戦期のオスマン帝国によるアルメニア人迫害を「虐殺」と形容したことについて、トルコが反発し、閣僚が「十字軍精神の名残」と批判する事態に発展した。

 法王は今月24日、訪問先のアルメニアの首都エレバンの大統領府であいさつした際、迫害について「虐殺」と言及。25日の平和の祈りの集いでアルメニアとトルコに和解を呼びかけた。

 これに対し、「虐殺」と認めていないトルコのジャニクリ副首相は記者団に「法王の言動に十字軍の精神の反…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです