メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンドウズ10

「自動更新」見直し 「しない」選択可

更新の日時が指定されたメッセージ画面

 マイクロソフトの最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」で「勝手に更新された」と利用者から苦情が相次いでいる問題で、米マイクロソフトが28日午後、更新通知の表示を見直す方針を発表した。通知に「更新しない」を選択できるよう明示するほか、通知右上の×印を押すと、通知が消えて更新が予約されない仕組みに変える。

 国内の表示については、日本マイクロソフトが日本語での表示方法を検討中で、今週中をめどに世界各国でほぼ同時に変更する見通しだ。

 これまでの更新通知では、パソコンの画面に更新開始日時などが表示されるが、更新を拒否できる選択ボタンはなかった。さらに、更新しないつもりで画面右上の×印を押して通知を画面上から消しても、更新に向けた作業が継続され、予約日時に自動的に更新される仕組みだった。

 日本マイクロソフトによると、利用者の苦情を受けた変更。これまでは「×印を押す」ことがキャンセルと誤解されて混乱したため、利用者自身が、更新を予約するかしないかを選べることが明確な表示にする。「更新しない」を選べば、それ以降は通知が表示されない仕組みにする。【岡礼子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  2. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 厚労省 障害者手帳をカードでも 来年度から希望者に
  5. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです