メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「はれのひ」社長 詐欺容疑で逮捕
ウィンドウズ10

「自動更新」見直し 「しない」選択可

更新の日時が指定されたメッセージ画面

 マイクロソフトの最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」で「勝手に更新された」と利用者から苦情が相次いでいる問題で、米マイクロソフトが28日午後、更新通知の表示を見直す方針を発表した。通知に「更新しない」を選択できるよう明示するほか、通知右上の×印を押すと、通知が消えて更新が予約されない仕組みに変える。

 国内の表示については、日本マイクロソフトが日本語での表示方法を検討中で、今週中をめどに世界各国でほぼ同時に変更する見通しだ。

 これまでの更新通知では、パソコンの画面に更新開始日時などが表示されるが、更新を拒否できる選択ボタンはなかった。さらに、更新しないつもりで画面右上の×印を押して通知を画面上から消しても、更新に向けた作業が継続され、予約日時に自動的に更新される仕組みだった。

 日本マイクロソフトによると、利用者の苦情を受けた変更。これまでは「×印を押す」ことがキャンセルと誤解されて混乱したため、利用者自身が、更新を予約するかしないかを選べることが明確な表示にする。「更新しない」を選べば、それ以降は通知が表示されない仕組みにする。【岡礼子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]