メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

新緑−子どもの感想=近藤勝重

 前にこのコラムで井上ひさし氏が文章の本で「落ち葉を見てどう思いますか」というのは、大人でも無理な注文で、子どもには「落ち葉はどう落ちていくんですか」ということを書かせるべきだとおっしゃっていた旨、紹介した。「どう思うか」の感想ではなく、「どう見えているか」の観察文を、というわけだ。

 そこでぼくは、無理強いすることなく、自然な流れで観察が感想へとつながらないだろうか。とくに物事の比較対照に重きを置く指導法だと期待が持てるかもしれないと、毎日小学生新聞主催の「親子で学ぶ作文教室」で実践してみた。

 「新緑」という400字の作文を宿題に出し、例えば秋から冬にかけての落ち葉と比べたり、人間で例えれば…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです