メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

争点の現場から

2016参院選・かながわ/2 アベノミクス 苦境の非正規女性 /神奈川

横浜市男女共同参画推進協会のスタッフに非正規雇用のシングル女性ゆえの不安や悩みを語る茂木直子さん(左端)=横浜市戸塚区の男女共同参画センター横浜で

 川崎市多摩区の派遣社員、茂木直子さん(43)の履歴書には、銀行や証券会社の名前がズラリと並ぶ。20代後半から派遣で勤めた会社の一覧だ。「3カ月以上勤めたところだけ。ほかに、1カ月で切られた会社もある」

 商業高校を中退。アルバイトをして音楽関係のマネジメントなどを学ぶ学校を卒業し、都内の劇場に就職したが、1年ほどで辞めてニュージーランドへ。帰国後は派遣社員として証券会社や銀行で働く。英語力を買われ、この10年ほどは外資系に派遣される。

 新職場に行くと、1カ月は試用期間。その後、3カ月や半年など期限付きで延長されるが、1カ月で派遣を切…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1306文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです