メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感性計測装置

人の感情、その場で解析 長岡技術科学大教授が商品化 商品開発への活用期待 /新潟

開発した感性計測装置を手にする中川教授=長岡技術科学大で

 長岡技術科学大の中川匡弘教授(58)=感性情報学=が、脳波から人の感情を数値化して読み取る「感性計測装置」を商品化した。人がどう感じているかをその場で解析できるシステムで、企業の新商品開発や新たなサービスの企画などへの活用が期待される。【金沢衛】

 脳波から「喜怒哀楽」や「快感」「安心感」などさまざまな感性を解析する中川教授の研究は、これまでに30社以上の企業での商品開発に生かされてきた。音響装置やテニスラケット、シャンプー、電子機器など分野は広範囲にわたり、製品の効果や印象を裏付けるデータの計…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]