メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社長が出廷し陳謝…東京地裁公判

 降圧剤「バルサルタン」(商品名ディオバン)の臨床研究データを改ざんしたとして、旧薬事法(現医薬品医療機器法)違反(虚偽記述・広告)に法人として問われた製薬会社「ノバルティスファーマ」(東京都港区)のダーク・コッシャ社長が29日、東京地裁(辻川靖夫裁判長)の公判に初めて出廷した。「多くの患者や医療関係者らに迷惑を掛け、日本社会に心よりおわびしたい」と陳謝した。

     バルサルタンが他の降圧剤よりも薬効があるように見せるためデータを改ざんしたとして元社員の白橋伸雄被告(65)が同法違反で起訴されたことに伴い、ノ社も両罰規定で起訴されている。

     コッシャ社長は問題発覚後の2014年4月に就任した。公判では、社内や外部機関の調査で白橋被告によるデータ改ざんの証拠が見つからなかった報告を受けていることを強調した上で、「信頼性を失わせるようなかたちで、社員が研究を支援することはあってはならない。社員の監督をもっときちんとすべきだった」と述べた。【近松仁太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
    2. 今村復興相辞任 「東北で良かった」逆手に応援の投稿
    3. タカラトミー そうめんスライダー5メートルに 急降下も
    4. 中国 「海洋強国」鮮明に 「悲願」の国産空母進水
    5. アクセス 中学生棋士・藤井四段 神童、羽生超えるか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]