メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毒残ったまま?一時店頭に…大阪のスーパー

 激安で知られる「スーパー玉出」(大阪市西成区)の店舗で、有毒な部位を含んでいた恐れがあるマフグが一時、店頭に並んでいたことが分かった。大阪市はフグの取り扱いを定めた大阪府の条例に違反する可能性があるとして、29日にこの店舗を立ち入り調査した。

     市生活衛生課によると、同市北区の「スーパー玉出天神橋店」。内臓や卵巣は取り除かれた状態で仕入れていたが、今月下旬、毒が含まれている恐れがある皮が付いたまま、パック詰めをして販売していた疑いがある。

     従業員がすぐに気付き撤去したため、購入した客はいないという。【岡崎大輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
    2. 今村復興相辞任 「東北で良かった」逆手に応援の投稿
    3. タカラトミー そうめんスライダー5メートルに 急降下も
    4. 中国 「海洋強国」鮮明に 「悲願」の国産空母進水
    5. アクセス 中学生棋士・藤井四段 神童、羽生超えるか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]