メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マフグ

毒残ったまま?一時店頭に…大阪のスーパー

 激安で知られる「スーパー玉出」(大阪市西成区)の店舗で、有毒な部位を含んでいた恐れがあるマフグが一時、店頭に並んでいたことが分かった。大阪市はフグの取り扱いを定めた大阪府の条例に違反する可能性があるとして、29日にこの店舗を立ち入り調査した。

     市生活衛生課によると、同市北区の「スーパー玉出天神橋店」。内臓や卵巣は取り除かれた状態で仕入れていたが、今月下旬、毒が含まれている恐れがある皮が付いたまま、パック詰めをして販売していた疑いがある。

     従業員がすぐに気付き撤去したため、購入した客はいないという。【岡崎大輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
    2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
    3. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
    4. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」
    5. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]