メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マフグ

毒残ったまま?一時店頭に…大阪のスーパー

 激安で知られる「スーパー玉出」(大阪市西成区)の店舗で、有毒な部位を含んでいた恐れがあるマフグが一時、店頭に並んでいたことが分かった。大阪市はフグの取り扱いを定めた大阪府の条例に違反する可能性があるとして、29日にこの店舗を立ち入り調査した。

     市生活衛生課によると、同市北区の「スーパー玉出天神橋店」。内臓や卵巣は取り除かれた状態で仕入れていたが、今月下旬、毒が含まれている恐れがある皮が付いたまま、パック詰めをして販売していた疑いがある。

     従業員がすぐに気付き撤去したため、購入した客はいないという。【岡崎大輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊ベネチア 日本人ぼったくり被害 レストランで学生4人
    2. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
    3. NHK 放送済みの番組を宣伝
    4. 中央自動車道 早大教授はねられ死亡 単独事故で外に
    5. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]