メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「私たちの世代、1人でラーメン屋に行けないから結婚したなんて、結構あるんですよ。私はどこでも1人で行けるし、寂しくない」=東京都杉並区で、内藤絵美撮影

「見えない恋人」卒業 自分を取り戻した

 語るほどに美しく、語るほどに若くなる不思議な人。5月で69歳になった。3で割った23と縁がある。素数の23が人生の節目となってきた。

 劇団の主宰者で、師と仰いだ作家、安部公房氏の恋人になったのが23歳。妻子ある安部氏は23歳年上だった。ほどなくNHKの連続テレビ小説「繭子ひとり」のヒロインに抜てきされ、「見えない恋人」として生きる道を選んだ。安部氏が妻と別居してからは共に過ごし、つき合って23年後に安部氏は逝った。

 相性も趣味も気楽さも、これ以上ない相手なのに、戸籍上は他人、「愛人」の立場がついて回った。だから、…

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文1899文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです