メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳内の神経回路に悪影響 大阪大、米科学誌に発表

 大阪大の木村文隆准教授(神経科学)らの研究グループは、大麻や危険ドラッグの有効成分が脳内の神経回路の正常な発達を妨げることをマウスを使った実験で突き止めた。大麻は一部の国で合法とされているが、幼少期の脳に悪影響を及ぼすことを実証した。30日、米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」に掲載された。

     大脳皮質の神経回路について調べた。主に幼少期に環境の刺激などを受けて形成され、五感の認識や運動の命令などさまざまな情報を伝達する。神経細胞(ニューロン)が軸索を木の枝のように大きく伸ばした後、不要な枝が刈り取られて最適な回路が形成されていくが、刈り取りの詳しいメカニズムは未解明だった。

     研究グループは、刈り取りを担っているのが、大麻や一部の危険ドラッグの有効成分であるカンナビノイドと特定。回路形成期のマウスにカンナビノイドを投与したところ、大脳皮質内の回路が十分に発達しないことを確認した。脳内のカンナビノイドが過剰となり、必要な回路まで刈り取ってしまうためと考えられるという。

     木村准教授は「神経回路が未発達の若い時期に大麻や危険ドラッグを摂取すると、五感や運動能力などの低下を招くおそれがある。絶対に手を出すべきではない」と警告している。【大久保昂】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女子ゴルフ セキ・ユウティン22位 福井生まれ中国美女にギャラリー熱視線(スポニチ)
    2. 川の事故 大阪で中3男子不明 柏原・大和川
    3. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
    4. ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ/中 「最高」支えるキャスト /東京
    5. トランプ米大統領 バノン首席戦略官を解任

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]