メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年入試で入学定員増を行う私立大

 来春の入試では、44校で入学定員が計7354人増える。6月28日、文部科学省が「私立大学の収容定員の増加」に関して認可した。

     少子化にもかかわらず、大学の定員が増加するのはなぜか。文科省は地方創生の一環として、大都市圏の大学の入学定員を厳格化する政策を打ち出している。

     大学全体の定員が8000人以上の大規模校の場合、これまでは定員の1・2倍を超えて入学させると、国からの助成金が支給されなかった。それを今年の入試から段階的に減らしていき、2018年には1・1倍まで引き下げるのだ。

     入学者を減らすことは合格者を減らすことにつながる。今年の入試では早稲田大、慶応大、明治大などで合格者が減った。私立大人気で志願者が約4%ほど増えたにもかかわらず、合格者が絞られたために、厳しい入試になった。来年もさらに入学者が減らされるが、現在の入学者数を維持する一つの方法として、定員増に踏み切った大学が多かったと見られる。

     今のところ、来年も文系学部が人気で理系学部が不人気の“文高理低”の学部志望状況が続くとみられ、文系学部の多い私立大に受験生があつまりそうだが、入りやすさという点から、定員を増やした大学が人気になりそうだ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 風知草 陸に落ちたら…=山田孝男
    2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
    3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    4. 特集ワイド ミサイル「危機」狂騒曲 踊らされているのは誰? 学校が「対応」のお知らせ配布 それでも原発は再稼働
    5. ひき逃げ容疑 同志社女子中高の教諭逮捕 京都府警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]