メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木星のオーロラ

撮影に成功 北極付近で渦巻き状に

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した木星のオーロラ(上部の渦巻き部分)。オーロラの紫外線データと木星の可視光データを合成=NASA提供

 米航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡で木星を観測した結果、オーロラの撮影に成功したと発表した。北極付近で渦巻き状に輝いている。NASAの木星探査機「ジュノー」が日本時間の5日午前に木星の周回軌道に入るのに合わせて、観測していた。

 オーロラは、高エネルギーの粒子が惑星の北極や南極付近の大気に突入する際、原子とガスが衝突してできる現象。地球のものと違い、木星のオーロラは規模が巨大なだけでなく、消えずにずっと輝き続けているという。

 観察チームは「ジュノーの到達に合わせ、木星が花火大会を開いているようだ」とコメントしている。【岡田英】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村文乃 錦戸亮の“福毛”発見「気になって仕方ない」
  2. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  3. 米国 上院補選、民主勝利 共和、地盤崩れる セクハラ直撃「番狂わせ」
  4. 都立高入試 話す英語、全国初の公立義務化 検定団体協力
  5. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]