メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤忠商事

ウエアラブルや独身寮ジム化 健康増進で稼ぐ

伊藤忠の社員食堂では、女子栄養大学監修など健康を意識したメニューが並ぶ

悲願の商社トップの定着狙う

 15年度に初のトップ商社となった伊藤忠商事が、ウエアラブル端末による体調管理や、スポーツジムのある独身寮の新設など、社員の「健康増進策」を次々と打ち出している。三菱商事や三井物産などライバル商社に比べて社員数の少ない伊藤忠は、「健康増進で一人当たりの生産性を高め、メリハリを付けながらバリバリ働いて商社首位を不動のものにする」(垣見俊之人事・総務部長)と意気込んでいる。【永井大介】

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです