メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石田三成重臣

「猛将」嶋左近の書状2通 大阪で見つかる

嶋左近の書状(1590年7月25日付)=東京大史料編纂所提供

 石田三成の重臣だった戦国武将・嶋左近の書状2通が大阪府内の民家で見つかったと、東京大史料編纂(へんさん)所と長浜城歴史博物館(滋賀県長浜市)が1日発表した。左近は「猛将」として人気が高い戦国武将だが史料がほとんどなく、完全な書状が見つかったのは初めて。関東の大名に向けて領地の統治法などを指示しており、猛将の文官的側面を示すものだ。

 書状は、三成の主君・豊臣秀吉が北条氏を滅ぼした小田原の陣の直後に出された。1通は1590(天正18…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです