メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石田三成重臣

「猛将」嶋左近の書状2通 大阪で見つかる

嶋左近の書状(1590年7月25日付)=東京大史料編纂所提供

 石田三成の重臣だった戦国武将・嶋左近の書状2通が大阪府内の民家で見つかったと、東京大史料編纂(へんさん)所と長浜城歴史博物館(滋賀県長浜市)が1日発表した。左近は「猛将」として人気が高い戦国武将だが史料がほとんどなく、完全な書状が見つかったのは初めて。関東の大名に向けて領地の統治法などを指示しており、猛将の文官的側面を示すものだ。

 書状は、三成の主君・豊臣秀吉が北条氏を滅ぼした小田原の陣の直後に出された。1通は1590(天正18…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです