メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

理研生命システム研究センター シビレエイ利用し発電 /大阪

 水族館に行ってデンキウナギやデンキナマズがいたら、水槽の近くに電気の計測器がついていることがある。それなら、彼らで発電をできないか−−。

 本当にそんな研究をしたのが、理化学研究所生命システム研究センター集積バイオデバイス研究ユニット(吹田市)の田中陽(よう)ユニットリーダー(35)らだ。日本近海にいるシビレエイを使った発電に東京大、東京電機大と協力して取り組んだ。

 田中さんによると、シビレエイは全長35センチほどの「強電気魚」。頭の近くに発電細胞が集まった「電気…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1204文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]