メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『父を想う−ある中国作家の自省と回想』=閻連科・著

 (河出書房新社・2376円)

精神の石碑に農民生活の叙事詩刻む

 『愉楽』という小説で話題を呼んだ作家だが、この作品は閻連科(イエンリエンコー)の家族についての思い出である。日本なら小説と称しても不思議ではないが、本人にしてみれば、永遠に過ぎ去った世代に捧(ささ)げる鎮魂曲にはこの語り方がもっとも相応(ふさわ)しいであろう。

 読了して脳裏に去来するのは北杜夫の『幽霊』の書き出しである。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 韓国国防省「日本が近接飛行」 東シナ海暗礁付近
  4. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです