メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『父を想う−ある中国作家の自省と回想』=閻連科・著

 (河出書房新社・2376円)

精神の石碑に農民生活の叙事詩刻む

 『愉楽』という小説で話題を呼んだ作家だが、この作品は閻連科(イエンリエンコー)の家族についての思い出である。日本なら小説と称しても不思議ではないが、本人にしてみれば、永遠に過ぎ去った世代に捧(ささ)げる鎮魂曲にはこの語り方がもっとも相応(ふさわ)しいであろう。

 読了して脳裏に去来するのは北杜夫の『幽霊』の書き出しである。

この記事は有料記事です。

残り1925文字(全文2118文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです