メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

BC級大物戦犯1号 「犯罪防ぐ義務」指摘

山下奉文大将の死刑確定を報じる1946年2月8日の毎日新聞1面

 1946年2月23日未明、一人の軍人がマニラ郊外で絞首刑に処せられた。陸軍第14方面軍司令官の山下奉文(ともゆき)大将(当時60歳)。英領シンガポール占領で「マレーの虎」とたたえられたが、第二次世界大戦末期フィリピン戦での民間人虐殺などの戦争犯罪に問われた。毎日新聞は死刑執行を翌24日、マニラ特電(UP特約)で伝えた。

 第二次大戦に関し連合国はポツダム宣言10項で「一切の戦争犯罪人に対しては厳重なる処罰」を公表してい…

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1516文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです