メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

BC級大物戦犯1号 「犯罪防ぐ義務」指摘

山下奉文大将の死刑確定を報じる1946年2月8日の毎日新聞1面

 1946年2月23日未明、一人の軍人がマニラ郊外で絞首刑に処せられた。陸軍第14方面軍司令官の山下奉文(ともゆき)大将(当時60歳)。英領シンガポール占領で「マレーの虎」とたたえられたが、第二次世界大戦末期フィリピン戦での民間人虐殺などの戦争犯罪に問われた。毎日新聞は死刑執行を翌24日、マニラ特電(UP特約)で伝えた。

 第二次大戦に関し連合国はポツダム宣言10項で「一切の戦争犯罪人に対しては厳重なる処罰」を公表してい…

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです