メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

マネー編 確定拠出年金で老後資金を

 確定拠出年金(DC)法が改正され、来年1月から対象者が専業主婦、公務員などほとんどの現役世代に広がる。DCは税制優遇があり、老後の資産形成に適した制度。改正のポイントや利用方法を専門家に聞いた。

 ●掛け金、所得控除に

 DCは公的年金に上乗せされる私的年金だが、毎月払う掛け金は全額所得控除となる。例えば企業年金のない年収500万円の会社員が上限の年27万6000円拠出すると、所得税と住民税合わせて年8万2800円の節税効果が見込まれる。さらに、現在の制度では運用期間中は運用利益に課税されず、60歳以降に受け取る際に一時金、年金どちらも税控除の対象となる。

 拠出をだれがするかによって、個人型と企業型がある。個人型の加入率は1%を切っているため、今回の改正…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ
  2. ヤマト 法人引っ越し過大請求4.8万件 総額17億円
  3. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  4. ORICON NEWS 御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」
  5. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです