メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はなれていても

遠距離家族のいま 子育て編 単身の父、家族と心つなぐには

子どもたちとゲームをして遊ぶ柿崎茂さん(中央)=長野市内で、倉田陶子撮影

妻の疲弊、理解しフォロー

 会社員人生を送るうえで珍しくない「父親の単身赴任」。家事や育児を積極的に担う男性が増えた現代、その意味合いは変化してきている。父と家族の心をつなぐ工夫とは。

 「パパ、行っちゃダメ!」。長野県職員の柿崎茂さん(38)は今年4月、東京都内の独立行政法人に出向し、都内で単身赴任を始めた。平日は仕事に集中し、毎週金曜の夜、新幹線で自宅のある長野市内へ帰る。月曜の早朝、長男(7)と長女(5)は目に涙をいっぱいためて東京へ出勤する父親の行く手をさえぎろうとする。「目の前で泣かれるのは正直つらかった」。県職員の妻(38)とは育児や家事を分担していた。「離れて暮らすことが子どもとの関係にどう影響するか不安だった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り2373文字(全文2692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです