メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権 福岡・うきは市長選 自分で考え初「1票」 高3生次々

 全国初の「18歳選挙」となった福岡県うきは市長選が3日、投開票され、地元唯一の高校、県立浮羽究真館の3年生らも1票を投じた。日ごろ感じる身近な市の課題と向き合って投票した10代が目立った。

 浮羽究真館で今回、選挙権を持つ生徒は13人。現在期末テスト期間中だが、関係者によるとほとんどが投票に行く予定にしていた。3年の樋口亜緒衣さん(18)は投票開始直後の午前7時過ぎ、山間部の新川コミュニティセンターで家族と投票した。「緊張したけど無事にできてよかった」。茶を栽培する実家の農作業の都合で早朝の投票になったという。

 保育士になるのが夢だが、人口約300人の新川地区は65歳以上の高齢化率が約50%に達する。「私が卒…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです