メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権 10代有権者、鈍い反応 陣営や選管、関心喚起に試行錯誤 /富山

公開討論会で「投票に行く」と手を挙げた高校生はわずかだった=富山市願海寺の富山国際大付属高で、大東祐紀撮影

 先月19日施行の改正公職選挙法により、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられ、参院選では、県内の18、19歳約2万人が新たに有権者となる。富山選挙区(改選数1)で議席を争う3陣営は大学前での街頭活動や若者グループと連動するなど、若者票の取り込みに躍起になっている。しかし、いずれの陣営も「反応は鈍い」といい、10代有権者の政治への関心が高まっていない現実もある。【大東祐紀】

 自民県連は先月、新たに学生部を発足させた。県内の大学生、高校生ら約10人で作る。19日に富山市内で…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです