メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄海原発

伊万里市長が「脱原発」宣言 再稼働に危機感

「原発の再稼働は心情的にも反対」と宣言した塚部市長=佐賀県伊万里市役所で2016年7月4日午前10時24分、渡部正隆撮影

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働問題で、佐賀県伊万里市の塚部芳和市長は4日の定例記者会見で「再稼働に同意するつもりはない」と、明快に脱原発を宣言した。同市は市域の大半が原発から30キロのUPZ(緊急防護措置区域)圏内だが、再稼働に必要な「地元の同意」では蚊帳の外。このため、再稼働へと順調に進む現状に危機感を抱いての表明とみられるが、これまで条件付き賛成とみられていた市長の急変は、大きな波紋を呼びそうだ。【渡部正隆】

 国内の原発は5年前の福島の事故で全基が停止。現在は川内原発(鹿児島県)の2基が再稼働しているだけ。…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1082文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  5. 水上特攻艇「震洋」 造った元船大工「国のため」信条曲げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです