メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳選挙権

県内の高校が「主権者教育」 「時間不足」など課題も /奈良

 18歳選挙権の導入を受け、県内の高校などは「主権者教育」に取り組んでいる。

 県立橿原高校(橿原市)では2014年度から市選管と協力し、実際の投票箱などで生徒会選挙を実施。参院選では先月27日に県内高校で初めて期日前投票所が1日限定で設けられ、生徒7人を含む有権者30人が投票し、事務にも生徒が携わった。同校の担当教諭は「生徒が意識を持って投票に来たのは良かった。3年間の取り組みの成果だろう」と言う。

 教育現場からは課題も指摘される。私立高の男性教諭は「高3は受験があり、教育時間が足りない」と言う。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです